入学試験の対策をしよう|心理カウンセラーの資格|講座を学習して感情を抑える

心理カウンセラーの資格|講座を学習して感情を抑える

医者

入学試験の対策をしよう

看護師

正しい情報を得よう

看護学校の入学試験には、ほとんど全部の学校と言っていいほど、面接試験が課されます。けれども、面接試験の評価が学科試験の得点に加点されるような具体的な面接試験から適正を評価して、人物によほどの問題や支障がない限り合格とする面接もあります。これは、看護学校の入試制度の違いですから、まずは、できるだけ正しい情報を得ましょう。先輩や在学生から情報を得るのが一番、確実でしょう。そのような看護学校の知り合いがいない場合、オープンキャンパスなどに積極的に参加して、とにかく正しい情報を得て対策を練る必要があります。また、推薦入試と一般入試の区分においても面接試験の取り扱いが違う場合があるので、注意が必要です。

練習すればうまくなる

実際に看護学校に入学してきた本人に面接試験について、どのような練習や対策をしてきたか聞いてみると、校長先生や担任の先生に面接の練習をしてもらったという多くの解答があります。面接のハウ・ツー本も参考にしてみるのも役に立ちそうですが、やはり実際に信頼できる誰かに面接の練習をしてみるのが、一番有効なようです。また、アドバイスとしては、質問の内容が医療系とは限りませんが、やはり看護師になることを目指しているのであるから、日頃から医療関係や生命に対する話題に情緒的であっても関心を持つことが大切です。看護学校では、面接試験の他に小論文も課されることが多く、医療関係にまったく関係がない課題であることは、ほとんどないので、日常の心構えも練習になります。